くろぎ

素材の声を聞く
MAXIMIZING THE VALUES OF INGREDIENTS

日々精進する中で生まれてくる、技・工夫・発想があります。それらは日々生まれてくる「食材」の為にあり、また「食材」は、私達同様「個性」に溢れています。その「個性」を最大限に引き出すことが、私達の務めであります。そして一つ一つの旨味を引き出す時には「素材と会話」をしながら、味わい深く、上品な「淡い味」を求めていきます。この「淡い味」こそ、和食の楽しみであり、世界に誇れる日本の味と考えています。旬の「食材」を一番いい形でお客様と共有できる場所をご用意いたします。

Throughout my cooking experiences, I have always devoted myself to the pursuit of skills, devices, and imaginations in order to maximize the values of “ingredients”, which are quite unique like ourselves as human. By observing each ingredient with careful consideration, I always try my best to bring out the “ambrosial taste” that are truly deep and elegant. “Ambrosial taste” is one of the greatest beauties of Japanese cuisine and something we should be proud of to the world. Please enjoy your time, tasting various ingredients in their best shape.

オーナーシェフ

黒木 純JUN KUROGI

1978年
宮崎に生まれる。小さいころから料理人である父を見て育つ。
1996年
18歳で料理人を目指して上京。
2006年
10年間に渡り、名だたる名店で修行をし、経験と力を積み上げ、一日限定一組のカウンター割烹、北千住「1503」にて料理長を務める。
2008年
「湯島121」店主となる。
2010年
店名を「くろぎ」に変え、オーナーシェフとなる。
2012年
フジテレビジョン「アイアンシェフ」に和の鉄人として出演。「ミシュランガイド東京」にて2011年・2012年と星を獲得する。
1978:
Born in Miyazaki. Grew up with his father working as a chef.
1996:
Decided to become a chef and started working in Tokyo.
2006:
After learning days at famous Japanese restaurants for 10 years, served as a chief chef at counter cuisine called “1503” in Kitasenju, where they limit one group of guests per day.
2008:
Became a owner of “Yushima 121”.
2010:
Changed its name to “Kurogi”, and served as an owner chef.
2012:
Selected as the master of Japanese cuisine for the TV program “Iron Chef” Recognized as one point star restaurant by Michelin Guide in 2011 & 2012.